三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年08月27日
ブログ

「「うなぎのかば焼きにお金を使う街」ランキング

日本一鰻の蒲焼きにお金を使う街は、どこでしょう?

うなぎの生産量 日本一は?

日本一「鰻の蒲焼き」を食べる都市は?

本日は、一昨日8月25日の「ねとらぼ調査隊」さんの記事からご紹介します。

ねとらぼ調査隊さんが、総務省統計局が発表している家計調査から「うなぎのかば焼き」

の年間支出金額のランキングを出しました。



この調査は、2人以上の世帯を対象としており、2018年から2020年までの1世帯あたり

平均年間支出金額を集計しています。

 

調査対象の街は、都道府県庁所在市および政令指定都市です。

ちなみに、調査対象期間における年間支出金額の全国平均は、2355円でした。

 

では、日本一鰻の蒲焼きにお金を使う街の上位3都市は、

   第1位   静岡県浜松市   年間支出額 4035円

   第2位   京都府京都市         3874円

   第3位   滋賀県大津市         3820円

 

という結果で浜松市の年間支出額は、断トツです。

全国平均の約1.7倍です。

 

これは、浜松市民がウナギをよく食べるということも言えると思いますが、

「うなぎの街」として有名な浜松では、お土産など贈り物としての消費も

大きいのではないかと想像します。

 

私個人的には、この結果に少々意外な感じを持ちました。

というのも、浜松市のウナギ養殖量は昔とは違うからです。

 

かつては、うなぎの生産量日本一を誇っていた静岡県でしたが、1983年に

お隣の愛知県にその座を譲り、1998年からは鹿児島県が、うなぎの生産量

日本一となっています。

 

ちなみに令和2年度のうなぎ生産量を見ますと

   第1位   鹿児島県   7,057トン

   第2位   愛知県    4,315トン

   第3位   宮崎県    2,856トン

   第4位   静岡県    1,536トン

 

となっているのです。

いまだに浜松といえば「鰻」のイメージが強いのは、夜のお菓子「うなぎパイ」の

おかげでしょうか?

 

ねとらぼ調査隊 うなぎの蒲焼きにお金を使う街ランキングTOP30はこちらです↓

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/334362/

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward