三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年08月25日
ブログ

天竜川流域洪水ハザードマップ

天竜川流域洪水ハザードマップの解説

昨日のブログでは、昔の天竜川の氾濫について記事にしました。

そこで今回は、浜松市のホームページに掲載されている「天竜川流域洪水ハザード

マップ」をご紹介します。

 

我々不動産業者は、重要事項説明書にハザードマップでの説明が義務付けられて

いますので契約の度に調べます。

 

馬込川や芳川、安間川など河川ごとに分かれて出ていますので、一度はご自分の

家の周囲のハザードマップを見ておいた方がいいと思います。

 

こちらです↓

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bosai/bosai/map/

 

さて、天竜川流域洪水ハザードマップに戻ります。

このハザードマップは、天竜川が増水し堤防が決壊した場合に想定される浸水の

範囲と深さを表示しています。

 

中区を例に見ますと、天竜川から西へおよそ飛龍街道までが浸水すると予想しています。

上島あたりからは、馬込川沿いまでです。

 

浸水した場合の水深は、3m未満が多いですが丸塚バイパスあたりから東側は

3mから5m未満という水深に変わっていきます。

 

「5mも浸水したら、大変なことになる!」と心配されている人もいるでしょう。

一応、ご安心ください。

 

これは、天竜川流域全体に、48時間総雨量526mmの大雨が降った場合を

想定しています。

この規模の降雨発生確率は、1000年に一度よりも低いと想定されています。

 

更に天竜川流域(降った雨が集まる範囲)はとても広く、馬込川と比べて

長さで約10倍、流域面積で約50倍も大きい川だということです。

つまり、天竜川では、この広い流域全体に大雨が降らないと洪水にはなりません。

 

と浜松市では言っていますが、この1000年に1度の1度が近い将来に訪れないことを

祈りますよ~!

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward