三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年02月19日
ブログ

はじめてボーナスを出した会社は?

はじめて賞与制度を設けた会社は?

ボーナスの歴史?

昨年のボーナス支給額は、史上最高額だったとの記事を読んだ記憶が

ありますので、ちょっとボーナスについて調べてみました。

 

日本ではじめてボーナスの制度を設けたのは、明治9年の三菱商会だそうです。

当時の三菱は、海運界を独占していて業績が向上していたので、社員に利益の

再分配を考えたそうです。

 

当時、福沢諭吉門下の荘田平五郎という人が会計事務長をしていて、

歳末賞与という形で約1カ月分(平社員は5円)を支給したとのことです。

 

その後、日清戦争後には企業の基礎も固まって、紡績会社や百貨店などでも

利益に応じた賞与を出し始めました。

高島屋の場合は、「高ほうび」と言ったりしていたようです。

 

日露戦争後は、それまで賞与の対象外だった工員にも支給がされるように

なりましたが、まだまだ一部の企業だけだったそうです。

 

大正に入ると、通常2カ月分で100円前後のボーナスが支給されます。

昭和になると、ようやく中小企業もボーナス制度を取るようになって、

昭和6年以降の軍需景気以降、金額も上がって来ました。

 

昭和10年には、大企業の社員が5か月分360円、

課長で10か月分1800円、部長で17か月分4500円というような

記事が残っています。

これは、現在の貨幣価値にすると、課長が150万円、部長が300万ほどに

なるそうですよ。

 

しかし、工員は1.6カ月分の74円で830円ほどしかもらえなかったようです。

その後、労働組合が強くなってからは、管理職のボーナスが減らされ、

平社員のボーナスが増えていきました。

 

今では、中小企業も含めて全サラリーマンの95%が、ボーナスを

もらっているそうです。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward