三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年09月01日
ブログ

「ください」と「下さい」の違いって?

くださいと下さいの使い分けについて

間違えやすい言葉使い

日頃、何気なく「ください」とか「下さい」を使っていませんか?

「ください」をひらがなでは恥ずかしいからと、あえて「下さい」に変換されたりして

いませんか?

 

実は、この「ください」を漢字で使うかどうかで大きな違いがあるのです。

 

まず漢字の「下さい」の意味は、「ちょうだい」「くれ」ということで

相手から物か何かを請求する意味になります。

つまり「下さい」は動詞として使われ、英語の「give」に相当します。

 

「ジュースを下さい」「しばらく時間を下さい」とかですね?

 

また「下る」は字の如く、高い地位の人から下げ渡される意味もあり、漢字で書く

「下さい」は、上から目線の言葉になりかねませんので注意が必要です。

 

もうひとつの「ください」は、相手に何らかの動作や行為をお願いしたり、促したり

するときに用いられる言葉です。

 

そして、こちらの「ください」は、単体で動詞とならずに他の動詞と組み合わせる

補助動詞となります。

英語の「please」です。

 

「お越しください」や「お気を付けください」とかです。

 

これらを踏まえて間違えやすい言い方の例を挙げてみます。

お送りした資料をご覧下さい × → お送りした資料をご覧ください 〇

どうかご検討下さい × →  どうかご検討ください 〇

どうかお許し下さい × →  どうかお許しください 〇

 

ちょっと、間違えやすくないですか?

最近では、官公庁が「ください」を全てひらがな表記にするなど、使い方が統一されて

きているようです。

 

簡単に「下さい」は、何か物を請求する時に使う

「ください」は、何かをお願いする時に使う

と覚えておけばいいかも知れません。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward