三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年03月03日
ブログ

3月3日は、何の日?

今日は耳の日 その由来とグラハム・ベルについて

グラハムベルとヘレンケラー

今日は、令和3年3月3日と、私の好きな数字の3並びです。

「今日は何の日?」と思いましたら、公立高校の受験日?それもそうなんですが、

「耳の日」なんだそうです。

 

 難聴と言語障害をもつ人々の悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから

「み(3)み(3)」の語呂合わせから、昭和31年に社団法人(当時)日本耳鼻咽喉科

学会が制定しました。

(3という字が耳の形に似ているからとも言われますね?)

 

そこで今日の静岡新聞朝刊の1面の下のところ、「大自在」のコラムにその「耳の日」に

因んだ良い記事が載ってましたので、一部抜粋、補足してご紹介したいと思います。

 

アレクサンダー・グラハム・ベル(1847年~1922年)は、電話の発明者として

知られていますが、聴覚障害者教育の研究者としての顔も持っていました。

 

母親と妻は耳が不自由だったともいわれています。

 

見えない、聞こえない、話せないの三重苦を乗り越え、障害者教育や福祉の

発展に尽くした「奇跡の人」といえばヘレンケラーですが、

このヘレンケラーもベルがいなければ生まれなかったかもしれないのです。

 

というのもベルはヘレンケラーの父親から娘の教育について相談を受けており

そのベルの紹介で、あのサリバン先生がヘレンケラーのもとに家庭教師として

派遣されたのだそうです。

 

さらにサリバン先生がヘレンケラーに教育を始めた日が3月3日!

これって、偶然にしても凄くないですか?

 

その後もベルはさまざまな発明をしており、光無線通信・水中翼船・航空工学などの

分野で重要な業績を残しました。

1888年には、あのナショナルジオグラフィック協会創設に関わっています。

 

その生涯を通じて科学振興および聾者教育に尽力し、人類の歴史上もっとも影響を

及ぼした人物の1人とされています。

デシベル (decibel; dB)などに使われる相対単位「ベル」などにその名を残しています。

 

最後にベルの言葉をご紹介します。

「同じ道に永遠と居座らず、鳥の群れや羊が行き来するように、誰かが去りまた誰かが

来る道を行くのだ。

時には踏み慣らされた道を外れて森に飛び込んで見ることだ。

必ず今まで見たことのないなにかを見つけられるだろう。」

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward