三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年12月11日
ブログ

シャンパンとスパークリングワインの違いは?

シャンパンとは?

各国のスパークリングワインについて

最高級のシャンパンって?

シャンパンと呼べるものは?

またお酒の話で恐縮ですが、今日はシャンパンについてです。

ご存知の方も多いでしょうが、シャンパンとスパークリングワインの

違いとはなんでしょうか?

 

シャンパンは、スパークリングワインのうちの一つのカテゴリーです。

日本では、シャンパンという方が通りが良いので、そのように言っていますが、

シャンパンと言うことができるのには、3つの条件があります。

 

1.フランスのシャンパーニュ地方でつくられているもの

2.シャンパーニュ地方でも指定地区で栽培されたピノ・ノワール種、

  ピノ・ムニエル種、シャルドネ種のみを使用していること

3.シャンパーニュ方式でつくられていること

 

これらをクリアし、フランスのワインの法律(AOC法)に規定された条件を

満たしたものだけが、シャンパンを名乗ることを許され、

「Champagne」のラベルが貼られます。

 

シャンパン以外のスパークリングワインでは、

フランス:ヴァンムスー、クレマン

イタリア:スプマンテ

ドイツ:シャウムヴァイン、ゼクト

スペイン:カヴァ、エスプモーソ

などが知られています。

 

シャンパンとスパークリングの値段はかなり違いますが、味の違いに関しては

一般の人にわかるほど大差はないそうですよ。

 

スパークリンワインのなかには、シャンパンの条件をほぼ満たしているものや

シャンパンに負けないほど丁寧につくられたものもありますから、スパークリング

ワインだからシャンパンよりおいしくないとは限らないといいます。

 

ホストクラブなどで人気の高い「ドン・ペㇼニヨン」は高級シャンパンとして

知られていますが、世界最高級のシャンパン「グー・ド・ディアモン」は

約2億3千万円もするそうです。

 

ちなみにドンペリの最高級品は「ホワイトゴールド・ジェロアボム」と

いうそうで、約444万円だとか、、。

 

シャンパンが乾杯のときによく用いられますが、これは、シャンパンを

グラスに注ぐと泡が絶えず立ち上がり、途絶えることのない泡の様子から

「絶えない幸せ」という意味づけがされたといわれます。

 

さらに泡がパチパチと言う音が祝福の拍手のように聞こえるということでも

縁起が良い飲み物とされているようです。

 

ワインより口当たりもよく飲みやすいですが、アルコール度数はワインと

変わりませんので、飲みすぎに注意しましょう。(笑)

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward