三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年12月06日
ブログ

お見送りの作法って?

お見送りの作法について

忘れられないお見送り

感動したお見送り!

日本に来た外国人が、旅館に泊まって一番感動するのは、お見送りの時だそうです。

従業員総出でお客様をお見送りする日本の文化、日本の「おもてなし」

に皆さんが感激されると言います。

 

「出迎え三歩、見送り七歩」という言葉があります。

これは、お客様を出迎える時は三歩前に出て中に招き入れ、見送る時は

七歩進んでなごりを惜しむという意味だそうです。

 

もてなす側の心掛けを指した昔からの言葉には、重みがあります。

ビジネスでも上司や取引先の人間と別れる際には、相手が見えなくなるまで

頭を下げる姿勢が大切ですよね?

 

お見送りといえば、私の人生でもっとも驚いたお見送りがあります。

かなり昔の話ですが、一度だけ仕事で、トヨタの本社へ伺ったことがあります。

現在の本社ビルが建てられる前でした。

 

ある不動産を購入して頂くお話でしたので、いわばトヨタはお客様です。

ビジネスのお話も順調に進み、呼んで頂いたタクシーで帰る時でした。

わざわざ、玄関まで出て来てお見送りをして頂き、大変恐縮しました。

 

そして、広大なトヨタの敷地をタクシーが出る際に、なにげなく振り返ると

そのトヨタの管理職の方は、まだ玄関で頭を下げていらっしゃったのです!

ほとんど人の顔など判別も出来ないくらい距離が離れていたのにですよ。

 

先程も言いましたように、私からしたらトヨタはお客様ですから、応接を

出たところで別れても当然なのに、玄関先までわざわざ出てきて頂き、タクシーが

見えなくなるまでこのお見送り!

 

さすが、世界のトヨタ! だからこそ世界のトヨタ!

心底、感服致しましたし、私の人生にとっても非常に良い勉強をさせて頂きました。

それ以来、私はトヨタファンになり、いまも車はトヨタです。(笑)

 

これですよね?トヨタさん。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward