三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年12月16日
ブログ

江戸時代の川柳から

江戸時代の庶民の暮らしがみえる川柳

現代のサラリーマン川柳から

現代と江戸時代 どちらがセンスあり?

毎年1月下旬くらいに「サラリーマン川柳」が発表され、私も好きでよく見るの

ですが、じゃあ昔の人はどうだったんだろう?と思い、いろいろなサイトから

江戸時代の庶民が詠んだ川柳を集めてみました。

 

「ひとり者やれ茶をくれろ火をくれろ」

 
焚付け用の付け木や薪を用意して、竃で火をおこすのは一苦労なので、隣りの

所帯持ちの所へ借りに行く。

折に触れて「茶を少しください」とか「火種を分けて下さい」とか、厚かましくも顔を

出す。

 

「これ小判たった一ト晩居てくれろ」


1両といえば、長屋住まいの人たちにとっては、ほぼ月収に相当します。

久しぶりに手に入れた小判ですが、その日のうちに借金の支払いに消えて行きます。

せめて一晩だけでも・・・

 

「目も耳も 只だが口は 高くつき」


料理茶屋には豪壮な構えの中で食べさせるところもあり、上は大名の隠居や大藩の

留守居役、あるいは大町人などで料金も目が飛び出るほど高かったといいます。

 

「江戸者の生(うま)れそこなひ金をため」

江戸っ子は宵越しの金は持たない―とばかり、小金に執着する田舎者を軽蔑した句

 

「むく鳥も毎年来ると江戸雀(すずめ)」

地方出身者が年を重ねるごとに江戸の世情に詳しくなる様子をからかった句

 

「もてた奴また苦労して一分溜め」 

 もてた奴は、またお金を溜めることにする


「一分出し夜の明ける迄癪しゃくを押し」

遊女は、客が気に入らないと、仮病の癪になる

 

「憎い女房 間男に五両遣り」

今も昔も知らぬは亭主ばかりなり

 

ここでサラリーマン川柳から過去の1位になった作品からいくつかご紹介します。

 

「いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦」

「宝くじ 当たれば辞めるが 合言葉」

「タバコより 体に悪い 妻のグチ」

 

「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」

「デジカメの エサはなんだと 孫に聞く」

「ドットコム どこが混むのと 聞く上司」

 

いかがでしょうか? 

今も昔も、人の気持ちやユーモアというのはあまり変わらないものかも

知れませんね?

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward