三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年09月05日
ブログ

8月版 コロナで売れた商品ランキング

先月のコロナで売れた商品ランキングをご紹介します

ニューノーマルがノーマルに?

今回は東洋経済オンラインの記事から、8月に売れた商品をご紹介します。

 

まずはこちらをご覧ください。↓

https://toyokeizai.net/articles/-/372184?page=4

 

コロナで売れた商品ランキングTOP30を見ると、現在の日本人の生活様式が

なんとなくわかるようですよね?

 

真夏の猛暑でも、マスクが売れている、、、昨年までは考えもしなかったことです。

3位の手指消毒剤も、言うまでもありません。

 

ただ2位のうがい薬。

これは、そうあの方の発言のせいです。吉村洋文・大阪府知事が8月4日に緊急会見を

開き、「うがい薬の成分『ポビドンヨード』で新型コロナウイルス感染症の治療効果が

期待できることを確認した」と力説したためです。



会見直後から、ドラッグストアにうがい薬を買い求める人が殺到。1カ月近くが経った

現在も品薄が続いているそうです。

 

「非接触形式体温計」も、7月27日週に1000%の大台に乗っています。

確かに、多くの店舗で入るときに検温をされるようになりました。お客の側も

もはや慣れてきた感があります。


マスクの1000%という数字を見てしまうと、どうしても見劣りしますが、客観的に

見れば、前年同期比で200%を超える状態が何カ月も継続しているというのは

異常事態だといいます。

 

最後にこの記事を書かれた伊藤歩氏(金融ジャーナリスト)の言葉を

抜粋してご紹介します。

 

「ニューノーマルは企業業績にも大きく影響を与えている。同じ化粧品・トイレタリー

業界に身を置きながら、メイク用品中心の資生堂は2020年上半期(1~6月期)の

営業損益が34億円の赤字と、前年同期の689億円の黒字から724億円悪化した。



だが、花王は同じ時期の営業損益は前年同期比13.8%減で乗り切ることができた。

化粧品は大きく落ち込んだが、巣ごもり特需で衣料用洗剤や台所用洗剤が大きく伸びた

ほか、業務用のハンドジェルが爆発的に売れたことが寄与した。



ウィズコロナ時代の必需品は、消費者が選別する段階に入っている。

ニーズをタイムリーかつ適格にとらえるヒット商品が、業界の勢力図を塗り替える

可能性もあるだろう。」

 

企業も生き残りを掛けて、必死です。非常時の経営は、いままでと同じことを

して、ただ嵐が過ぎるのを待つだけではだめなのかもしれません。

 

ニューノーマルが、いずれ当たり前になる世の中になるのでしょうか?

以前の生活が、もう戻らない可能性もあることを考えると、なんか切ないですね。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward