三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年09月17日
不動産コラム

マイホーム購入で後悔したこと

住宅を買って後悔したこととは?

代表例の3つとは?

現在マイホームを探していらっしゃる方も多いと思います。

今回は実際にマイホームを購入した人が後悔していると感じていることを

挙げてみますので、これからマイホームを購入しようとしている方の反面教師?として

参考になればと思います。

 

間取りや設備など住宅(建物)に関連した失敗例ではなく、今回は住宅購入そのもの

について後悔したことの代表例を挙げてみます。

 

1.住宅ローンが重荷になった

想定外の「収入減少」や「継続的な支出増加」により住宅ローンの返済が苦しくなって

後悔する人は多くいます。

 

住宅を購入する時に融資枠を目一杯使ってしまう人は、将来的に給料が上がっていく

だろうと楽観的に考えてしまう人が多いように思います。

 
・夫婦合算の収入でローンを借りていたが、妻の収入が急になくなった

・育児関連の支出が想定以上に大きかった

・残業が減って収入が減少した

 

将来のことは予測できないこともありますが、親の介護や子育てなどある程度

予測可能なこともありますので、その辺も頭に入れて融資を考えたいところです。

 

2.近所づきあいが面倒、ご近所トラブル

住んでみてから隣人と折が合わずストレスを抱えている人もいます。



隣人問題で苦しんでいる場合はこちらが引越しをしない限り、日々そのストレスから

逃れることはできないものです。


ただ、引っ越ししようにも、ローンの支払がまだ残っており、気軽に引っ越せず

後悔することになります。

 

3.周辺環境

家に不満はなくとも、周辺の環境の変化で住みづらくなることもありますし、

家の購入前に周辺を調べてみても、実際に住んでみないとわからないことも多いです。

 

・隣地に高い建物が出来て日当たりが悪くなった

・購入前は、ちょっと遠いけど何とかなると思っていたスーパーや学校など

 実際に生活してみると不便なことがわかった

・昼間は閑静だけど、夜になると騒がしくなる

・購入前は気にならなかったが、近年の気候変動で川が近いことが心配になってきた

 

住宅を購入して後悔したことで、この3つの失敗例が一番多いようです。

 

建物についての間取りや日当たり、設備などに、どうしても目がいってしまいがち

ですが、どこかの時点でもう少し視野を広くもって、この3つの点についても

再検討しておく必要があると思います。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward