三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年06月22日
不動産コラム

最近の不動産に関するニュースあれこれ

静岡県や浜松市に関する不動産ニュースを取り上げました!

コロナ禍の影響が、数値化

最近の静岡新聞の記事から、浜松や静岡県に関する不動産ニュースを

ピックアップして見ました。

 

”住宅着工戸数が減少”

「県がこのほど発表した4月の県内新設住宅着工戸数は前年同月比4.4%減の1,774戸

だった。マイナスは4カ月連続。

昨年秋の消費増税に関連した駆け込み需要の反動減などにより、持ち家が8.1%減の

925戸と落ち込んだ。

 

 貸家は15.1%増の510戸、分譲住宅は15.4%減の334戸だった。

県は「新型コロナウイルス感染拡大の影響はまだ出ていない。今後の動向を注視する。

(住まいづくり課)とした。  地域別は東部7.7%減の490戸、中部2.2%減の533戸、

西部3.6%減の751戸といずれも下回った。

全国は12.9%減の6万9,162戸。」
                                                                                                     静岡新聞 2020年06月18日

 

”オフィスオフィス空室率 大幅悪化 賃料下落懸念 下げ幅は最大”

「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、県内のオフィス市況が悪化している。

日本不動産研究所が10日までにまとめた4月現在の静岡、浜松両市の空室率DIは

昨年10月の前回調査から大幅に下落し、2014年の調査開始以降で最低となった。

 

先行きは一段の悪化が見込まれ、賃料も下落するとの見方が出ている。

両市中心部のオフィスビル所有者や賃貸業者らから聞き取った。

静岡市の空室率DIは29.1ポイント低下のマイナス5.3と初めてマイナス圏に転落した。

 

オフィスの解約などの動きは日立っていないものの、新規需要や増床の動きが停滞。

同研究所の鈴木隆史静岡支所長は「コロナの影響が長引けばオフィスの縮小や閉鎖、

統廃合が進む可能性がある」と先行きを警戒する。  

 

浜松市の空室率DIはマイナス28.6で、前回から33.9ポイント低下した。

業者からは「コロナ前からオフィス需要に陰りが見えていた。

オフィス市況は当面、悪い状況が続く」などの意見があった。

成瀬智也浜松支所長は「賃料の減額要請もあり、オフィスビル所有者の危機感は

静岡市以上に強い」と指摘した。  

 

半年後の先行きは静岡市がマイナス42.1、浜松市がマイナス57.2といずれも大幅な

悪化を見込む。空室率が上昇すれば、賃料の下落圧力が強まりそうだ。

「テレワークが定着するとオフィスの在り方そのものが変わり、需要の縮小につながる

可能性がある」との見方も広がっている。」
                         静岡新聞 2020年06月11日

 

"景況判断指数 静岡県内 過去2番目の低水準”

 「東海財務局静岡財務事務所が11日発表した4~6月期の静岡県内法人企業景気

予測調査によると、全産業の景況判断指数(BSI)はマイナス54・6と、

リーマン・ショック後の2009年1~3月期(マイナス64・0)に次ぐ

過去2番目の低水準だった。

前回調査の1~3月期から34・1ポイント悪化し、下げ幅は最大となった。」

                         静岡新聞 2020年06月12日

 

コロナの影響で不動産市況が悪いのは、わかっていますが、このような数字で

表されると、より実感できます。

しかも、恐いのは更に悪化してくるのは、これからだということです。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward