三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年06月20日
ブログ

成仏不動産って? 事故物件専門不動産業者

「成仏物件」とは? 成仏不動産とは?

7つの区分分け

成仏物件って?

「成仏物件」って、聞いたことがありますか?

では、「成仏不動産」はどうでしょう? メディアにも時々取り上げられていますので

名前を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。

 

この「成仏物件」とは、事件や自殺、孤独死が発生した、いわゆる「事故物件」に加え、

共用部での死亡、お墓や葬儀場の隣接地など人の死に絡んだ不動産全般を指す言葉で、

究極の格安物件と言われています。

 

そしてこのような事故物件と言われる物件を専門に扱うのが、

「成仏不動産」です。

 

一般的には、自殺や事件のあった物件というものは、敬遠したくなるものですが、

中には気にしない?というか、こんなに安く買えるなら(借りられるなら)

妥協できるという方のためのサイトです。


一般的に価格の安い不動産にはそれなりの理由が存在します。

例えば、遠い、狭い、古いなどですが、「成仏物件」は気持ちの問題が価格に

影響している為、現実的なマイナス理由が存在しません。


更に「成仏物件」を精神的な負担に応じ7つに区分することで、検討される方の

許容範囲に合わせ選びやすくなっています。

 

7つの区分とは、

     1.お墓や火葬場、葬儀場などが見える物件

     2.共用部分や他の部屋などで事故があった物件

     3.発見まで72時間以内の孤独死、病死物件

     4.発見まで72時間以上の孤独死物件

     5.火事や事故で人が亡くなった物件

     6.自殺物件

     7.殺人物件

 

”人によって「殺人は嫌だけど自殺なら大丈夫」「孤独死でも72時間(3日)以内で

あれば大丈夫」など、様々な基準があると思います。

一方で、10年以上前の事件・事故であれば気にしないとい方もいらっしゃいます。

これら2つを隠さず表示することが成仏物件の流通促進に繋がると考えています。”

 

ということだそうです。

理解できないという方も、おられると思いますが、このような物件を

購入される方がいらっしゃるのも事実です。

 

このような事故物件に特化してる不動産会社というのは、他に聞きませんので

経営的には、マーケットの独占ですよね?

 

また、マンションオーナーの方にとっては、不幸にも自分の所有不動産で

事件や事故が起こってしまった場合、こういう業者さんがいてくれるということは

助けにもなります。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward