三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年03月27日
ブログ

「バッテリー」の由来は? 野球

なぜ投手と捕手をバッテリーと言うのか?

その由来は?

バッテリーは、大砲から?

久しぶりの野球ネタです。

今回は、ピッチャーとキャッチャーをバッテリーと呼びますが、この言葉は

どこから来たものかということを探ります。

 

バッテリーは、夫婦に例えられたりもしますよね? キャッチャーを女房役とか、、。

私は、電池のバッテリーをイメージしていて投手と捕手を+と-なのかなと

思ったりしてました。(笑)

 

ところが、コトバの意味辞典で調べてみますと全く違いました!

バッテリー(Battery)の語源は、ラテン語のバットゥエレ(Battuere)でした。

 

この言葉には、もともと「打つ・叩く・攻撃する」という意味があり、それが

派生して「大砲・砲台・砲兵」という意味に転じました。

 

大砲を打つ砲兵と、ボールを投げるピッチャーのイメージが重なって、

ピッチャーのことをバッテリーと呼ぶようになり、それがいつの間にか

キャッチャーとセットでバッテリーとなったとの事です。

 

また、砲台という意味でもマウンドは高くなっていますから、そんな感じもしますね。

 

もう一つは、やはり電池のバッテリーという意味もあるのだそうです。

このバッテリーは、もともと2個以上のセルを一組とするという意味で、そこから

「一組のもの」「一対のもの」という意味が生まれたそうです。

 

最後に12月12日が「バッテリーの日」って知ってました?

1985年に電池工業会が「カーバッテリーの日」として制定し、その後

1991年に「バッテリーの日」と変更になりました。

 

野球のピッチャーとキャッチャーの背番号は、1と2.

この1と2の組み合わせからこの日がバッテリーの日となったそうです。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward