三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年10月21日
不動産コラム

最新の住宅・土地統計調査から

令和1年9月30日公表 総務省統計局の住宅・土地統計調査

統計調査からの抜粋

現在の住宅・土地事情は?

この住宅・土地統計調査は、昭和23年以来5年ごとに行われている調査で、

平成30年調査は、その15回目にあたります。

 

調査の時期は、平成30年10月1日現在

調査対象は、約370万住戸・世帯

結果の公表について

   住宅数概数集計・・・・・・・・・・・2019年4月26日

   住宅・世帯に関する基本集計・・・・・2019年9月30日

   住宅の構造等に関する集計・・・・・・2020年1月

   土地集計・・・・・・・・・・・・・・2020年3月

 

というように順次調査結果が公表されていきます。

今回公表されたのは、この中の住宅及び世帯に関する基本集計です。

 

それが、こちらです。

www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/kihon_gaiyou.pdf

 

この中から、主なデータを抜粋してみますと、

日本の総住宅数は、6240万7000戸、総世帯数は5400万1000戸と

なっており、5年前と比べて、総住宅数は2.9%の増加

総世帯数は3%の増加です。

 

持ち家は、3280万2000戸で、住宅総数に占める割合は61.2%と

なっており、概ね60%前後で推移しています。

借家は、1906万5000戸で、割合は35.6%となっており、5年前と

比べて0.1%の上昇。

 

一戸建ての延べ床面積は減少傾向にあります。126.63㎡と5年前と比べて

2㎡の減少。

 

参考程度の数字ですが、少子高齢化が数字の上でもわかるということでしょうか?

空き家が増加し、持ち家よりも賃貸傾向が強くなりつつあるということ、

家計を支える者の年齢が高齢化していることなどが読み取れます。

 

来年1月の住宅の構造等に関する集計が公表されたら、また掲載いたします。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward