三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年10月02日
ブログ

世界で初めて胃カメラを開発した浜松人

胃カメラを開発した杉浦睦夫さんの紹介

ものづくりのまち 浜松の偉大な開発者

健康診断などで、胃潰瘍や胃がんの診断に使われる胃カメラを飲んだことが

ある方は多くいらっしゃると思います。

 

この胃カメラを発明したのが、日本人で、しかも浜松生まれの方だったとは

あまり知られていないかもしれません。

 

その方は、東区中野町出身の杉浦睦夫さん(大正7年生まれ)です。

高校卒業後、東京写真専門学校に進み、写真やレンズなどの工学に関する勉強を

しました。

 

その後、オリンパス光学工業に入社します。

1949年(昭和24年)に東京大学付属病院の宇治達郎氏が、杉浦さんの元へ

訪ねてきて、胃の中を撮影できるカメラの開発を依頼したのです。

 

杉浦さんは、部下の深海正治氏と共に3人で、日夜実験を繰り返し、

1950年(昭和25年)に世界初の胃カメラの開発に成功しました。

 

その時の様子は、NHKのプロジェクトXでも放送されたようですので、

興味のある方は、TUTAYAへ行って探してみてください。(笑)

 

杉浦さんは、その後オリンパスを退社して、昭和33年に工学分野の

研究開発業務を専門とする杉浦研究所を創業しました。

この研究所は、現在でも東京の世田谷区にあります。

 

「ものづくりのまち」浜松の偉大なる先駆者ですね?

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward