三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年11月11日
不動産コラム

住宅ローン返済が滞るとどうなる?

ローン滞納からの流れは?

なにより早めのご相談を

コロナの影響を受けて、収入が減ってしまった方を中心に不動産のローン返済が

滞ってしまっている方が急増しているという話を耳にします。


コロナ以外にも病気やけが、転職で給与が減少して、住宅ローンの支払いに困って

しまう方もいるでしょう。

また、離婚のために住宅ローンの支払いを継続していくことが困難となる方もいるかも

しれません。

 

ローンの返済が滞ってしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

 

1.滞納1ヶ月~3ヶ月

  ・金融機関から通知書、催告書、督促状が届きます。

  ・一般的に、ほとんどの方が店頭表示金利から金利優遇を受けて、引き下げ後の

   金利で借入を行っているケースが多いのですが、「滞納した場合は、

   金利優遇制度が対象外になる」旨がかかれている場合、金利が一気に

   引き上げられてしまうかもしれません。

 

2.滞納3ヶ月~6ヶ月

  ・金融機関から保証会社へ住宅ローンの一括支払い請求がされます。

  ・「期限の利益の喪失」の通知が届き、分割して払う権利を失い、住宅ローンの

   残高の一括支払い請求をされます。

  ・大体3ヶ月以上滞納すると、個人信用情報機関に金融事故情報が記録されます。

 

3.滞納6ヶ月~8ヶ月

  ・保証会社が、不動産競売の申し立てをすると裁判所から競売開始決定通知が

   届きます。

 

4.滞納8ヶ月~10ヶ月

  ・競売入札期間の通知

 

5.滞納10ヶ月~12ヶ月

  ・落札されれば立退きとなります。

 

非常に簡単に流れを書きましたが、個々のケースによって違う場合もあります。

いずれにしても、最悪なのは、ローンが払えないからといって放置してしまうことです。

 

コロナによる特例で救済措置があるケースもありますが、相談なく滞納してしまうと、

救済措置すら受けられなくなってしまう可能性もあります。

 

支払い条件の見直しや任意売却など、早い段階であれば打つ手はありますので、

早めに金融機関や不動産業者などに相談することが、最悪のケースから逃れる道に

なることは間違いないと思います。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward