三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年10月26日
ブログ

日本に野球が伝来したのは、いつ?

日本に野球が伝来したのは、いつ?

2つの説があり

来年が野球伝来から150年目

野球殿堂博物館の公式ホームページによりますと、日本の野球の伝来について

”1872年に第一大学区第一番中学のアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが生徒に

ベースボールを伝えた。

 

翌年、開成学校と校名が変わり新校舎とともに立派な運動場が整備されると試合が

できるまでになった。”とあります。

 

これが定説になって来ましたが、2021年10月8日の静岡新聞の記事によりますと

東京在住の英国人歴史家マーク・ガルブレイスさんがそれに異を唱えているとのこと。

 

その根拠として、1871年(野球が伝来したといわれる1年前)10月30日に

日本寄港中の米軍艦「コロラド」の水兵と横浜在住の外国人とみられる

「シビリアン(市民)」の間で、現在の横浜公園で野球の試合があったと報じる

新聞記事を見つけたというのです。

 

しかも、これを報道した英字新聞「ジャパン・ウイークリー・メール」には、

「日本で初めて」という記述がないことから、ガルブレイスさんは、「試合は

すでに何度かあったのでは」と推測しています。

 

つまり、この頃には、野球が日本人の目に触れて認知されていた可能性があるのでは

ないかと指摘しています。

 

しかし、野球殿堂博物館の関口主任学芸員は、「横浜での試合のことは知っています」

とその存在を認めながらも、「野球が日本人に伝えられた」のは、やはり

ウィルソン氏であるとしました。

 

このウィルソン発祥説をとると、来年がちょうど野球伝来から150年という節目を

迎えることになります。

それを記念した特別企画展が先月からすでに始まっています。

 

だからという訳では、もちろんないでしょうが、私も野球が伝来したのは、

(野球を日本人に教えたのは)ウィルソン氏であるとする方がなんかスッキリする

感じがしますね。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward