三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年10月02日
ブログ

今度は、「ミートショック??」

ミートショックとは?

その原因は?

緊急事態宣言が明けても、、、

今年の5月27日の不動産ブログで「ウッドショック」って、なに?という記事を

掲載させて頂きました。

 

その記事はこちらです↓

https://mikata-f.com/contents/3911

 

そのウッドショックの解消もまだ見通せない中、今度は「ミートショック」だとか。

ミートショックとは、輸入牛肉高騰の影響が、国内小売りや外食などに広がっている

ことです。

 

高騰が始まったのは春先でした。4月には1キロあたり1000円の大台になり、その後も

高値が続いています。

卸売価格は、主力の米国産冷凍バラ肉で前年比8割高となっており、スーパーでの

特売回数の減少や、外食チェーンの値上げなどの動きが相次いでいます。

 

牛丼チェーン『松屋』では、一部地域で扱っている牛めしの価格を、9月28日から

60円引き上げて、380円にすることを決めました。

 

なぜこんなに牛肉価格が高騰しているのか?

その原因をいろいろなサイトニュースから調べてみますと

 

1.コロナ禍で延期されていたパーティーや外食が復活したことにより

  肉の需要が急増したこと

 

2.いち早くコロナ禍から脱出した中国での需要が上がり、取引価格が上がった

  (火鍋ブームの影響などもありアメリカ産牛肉の輸入量が約3倍に急増)

 

3.牛肉の輸出大国アメリカの輸出量が減少している。

  食肉工場で働いている方たちがコロナ禍で休んだりしているため、生産量が

  減少している。(アメリカ政府の援助が手厚いため職場復帰が遅れているとも?)

  

そして、入荷量の少ない分に対して、日本以外の国が高く買いを入れてるので、

そちらに行ってしまっているという、まるでウッドショックと同じような現象が

起きています。

 

それなら、わざわざ高い輸入牛肉を買わなくても国産牛肉にすればいいのでは?

とも思いますが、こちらも牛が食べる飼料の値段が高騰しているため国産牛肉も

値上げせざる得ない状況だとか、、。

 

今日から緊急事態宣言が解除され、久し振りの外食で焼肉やステーキハウスへ行かれる

方も多いことでしょうが、値段にびっくりすることになるかも。(笑)

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward