三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年10月04日
不動産コラム

「お金をかけてでも付けたい設備」とは?  一戸建て編

マンション・一戸建て 不動産のプロが選ぶ「お金をかけてでも付けたい設備」ランキング

複層ガラスがおすすめです!

不動産情報サービスのアットホームさんの最近多くなってきた「不動産のプロが選ぶ」

シリーズの中からご紹介します。

 

今回は、アットホーム加盟店の全国の不動産会社に2021年4月7日~13日に

かけてアンケート調査した「お金をかけてでも付けておくべき(値段以上の

パフォーマンスを発揮すると思う)設備はどれですか?」というものです。

 

マンション編と一戸建て編に分かれていますので、まずは一戸建てから見てみます。

 

一戸建て編

   1位   複層ガラス(光熱費が削減できる)         49.7%

   2位   浴室暖房乾燥機(雨の日でも洗濯物を乾かせる)   43.9%

   3位   キッチンパネル(汚れにくく掃除が楽)       37.6%

   4位   宅配ボックス(不在時でも受け取れる)       37.1%

   5位   室内洗濯物干し(雨の日でも洗濯物を乾かせる)   35.9%

   6位   乾きやすい風呂床(湿気やカビが付きにくく掃除が楽)33.6%

   7位   食器洗い乾燥機(食器を洗う負担が減る)      29.1%

   8位   人感センサーライト(電気の付け消しが楽)     28.0%

   9位   スマートキー(扉の開け閉めが楽)         24,7%

    10位   玄関の手すり(転落・転倒防止)          24.0%

 

これ以下にある、床暖房22.3%、太陽光発電14.6%、浄水器9.5%などは

意外に支持を集めなかったように思います。

 

1位になった複層ガラスとは、2枚のガラスの中間に空気を挟んで二重構造にした

ガラスで、断熱性が高いため省エネに効果があるほか、防音や結露防止なども期待

できます。

 

不動産会社のコメントでは、「断熱性があり、光熱費の削減になる。樹脂製にすれば

結露防止にもなりいいと思う」「一戸建てはマンションよりも気密性が低く、

窓から受ける外気の影響が大きいため必要だと思う」という声がありました。


2位は「浴室暖房乾燥機」で、「共働きが多い昨今、外出時も雨天時も花粉の季節も

洗濯物が干せる」「浴室の乾燥も早いので、カビの発生を防げる」「ヒートショック防止

にもなる」などさまざまなメリットがあり、不動産会社の支持を集めました。

 

長くなってしまいましたので、マンション編は、次回の不動産ブログでやります。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward