三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年07月03日
ブログ

冷やし中華にマヨネーズ?

冷やし中華にマヨネーズをかける人が多い県は?

その理由は?

なぜこの県に「マヨネーズ派」が広まったのか?

先日のウエザーニュースに「冷やし中華にマヨネーズをかけるエリアが

限定される」というような記事が出ていました。

 

そこで、私もこれについてちょっと調べてみることにしました。

すると「冷やし中華にマヨネーズをかけるかどうか?」という論争?は、

ずいぶん昔からあることがわかりました。

 

全国的にみると、「冷やし中華にマヨネーズをかけない」派は約75%で

「冷やし中華にマヨネーズをかける」派の25%を圧倒的に上回っています。

 

しかし、エリア別に見るとこの少数派である「冷やし中華にマヨネーズをかける」派

が主流を占めている県があります。

 

アンケート調査の方法によって差は出るかも知れませんが、それでも愛知県、

岐阜県、三重県、福井県などが多いようです。

 

別の調査を見ると意外に福島県や山形県にも「マヨネーズ派」が、かなり

いるという調査結果も出ています。

 

では、なぜ愛知県や岐阜県を中心にマヨネーズ派が多いのかという原因は、

1960年代から、東海地方随一のラーメンチェーン『スガキヤ』(本社愛知県名古屋市)

で提供されていた冷やし中華には必ずマヨネーズが添えられていたからという説が

有力みたいですね?

 

さらに、愛知県尾張地方北部から岐阜県美濃地方にかけて展開していたおにぎり専門店

チェーン『おにぎりの子の子(ねのこ)』(1990年代に廃業)でも、マヨネーズを添えた

冷やし中華が販売されていたそうです。

 

このため、岐阜県にその文化が根ずいたのではないかという説もあります。

 

では、なぜ福島県山形県でも「マヨネーズ派」が多いのかというのは謎です。

静岡県は、マヨネーズをかける派とかけない派が混在しているエリアだと

いうことですが、あなたは、どちらでしょう?

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward