三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年06月19日
ブログ

日本初のパスポートは?

日本で初めてのパスポートは誰に発給されたのか?

パスポートの歴史

パスポート第1号は、曲芸師!

今や、日本国民の約4人に1人は持っているというパスポート。

今日は、そのパスポートについてのお話です。

 

パスポートの起源ですが、ローマ帝国時代には既に形式が出来ており、

『この旅行者に危害を加える者は、ローマ皇帝に宣戦布告したものと看做す』の一文

が記入されていたそうです。

 

さらに古くは、紀元前14世紀のアマルナ文書に、ミタンニ王国がエジプトに派遣した

使者の迅速かつ安全な通過をカナン諸国の諸王に求める内容の、円筒印章の押された

外交・公用旅券に相当する粘土板書簡が発見されています。

 

さて日本では、1866年(慶応2年)、江戸幕府が海外渡航の禁制を解き、

『海外行き許可の認証に関する布告』を出して海外渡航文書の発給事務を開始し、

この年の10月17日に外務省で保管する最古の旅券(パスポート)が発券されました。

 

日本の外務省によれば、最初に日本でパスポートを手にした第1号は、

隅田川浪五郎(すみだがわ・なみごろう)という人だそうです。

 

なんと、この方は曲芸師で、パリ万博に参加する総勢18名の曲芸団「日本帝国一座」

の一員だったそうです。

 

当時は写真が普及していなかったので、文字で人相などの特徴を記載していました。

当時の旅券は賞状のような形状で、年齢や身長のほか、目、鼻、口……といった項目に

その人の特徴などが記載されていたようです。

 

身長:高き方 眼:小さい方 鼻:高き方などと書かれていたようです。

この当時、パスポートは「旅券」という呼び名ではなく、印章、免状、旅切手など、

別の言葉で呼ばれていました。

 

早く以前のように、好きな国へ行けるようになるといいですねー。

あっ、私のパスポートは、もう期限切れでした。(笑)

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward