三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年07月10日
ブログ

WHISKYとWHISKEYについて

なぜウイスキーには、WHISKYとWHISKEYがあるのか?

移民の違いが?

みなさん、ウイスキーには、WHISKYとWHISKEYの2つの表記があることに

お気づきでしたか?

 

お酒好きの方は、ご存知かも知れませんが、今日はなぜWHISKYとWHISKEYの

2つのスペルがあるのかについて調べてみました。

 

まず世界の5大ウイスキーと呼ばれているのがスコッチウイスキー、アイリッシュウイ

スキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキー

です。


このうちアイリッシュとアメリカンが「whiskey」

スコッチ、カナディアン、ジャパニーズが「whisky」と表示されます。

 

ウイスキーの起源は未だ明らかになっておらず、現在でも、スコットランドと

アイルランドが『我が国こそが元祖!』とお互いに主張し合っています。

 

表記が分かれた理由も諸説あるようですが、アイルランド人が自分達の優位性を

主張して、アイリッシュウイスキーをスコッチと区別させるために、

「WHISKY」にEを足して表記するようになったという説が強いようです。

 

そのため、一般的にスコットランド産のスコッチウイスキーでは「WHISKY」、

アイルランド産のアイリッシュウイスキーでは「WHISKEY」となっています。

 

では、アメリカンウイスキーとカナディアンウイスキーの表記の違いはというと

アメリカ大陸への移民の中でも、カナダへの移民はスコットランド人が

多く、アメリカへの移民はアイルランド人が多かったという理由があるようです。

 

その移民たちがそれぞれにウィスキー造りに多く携わったので、このような表記の

流れの違いを汲んで現在のようになったといいます。

 

最後にジャパニーズウイスキーについては、みなさまご存知の竹鶴政孝が1918年に

スコットランドに渡ってスコッチウイスキーについて学んだからですよね?

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward