三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年04月23日
ブログ

ブランデーの語源は?

ブランデーの語源について

ブランデーとウイスキーに違いは?

今回は、ブランデーについて調べてみました。

 

まずブランデーの起源についてですが、

今をさかのぼること300~500年前、フランスのコニャック地方は、オランダへワイン

輸出していました。

 

あるとき、輸送途中のワインの酸味が強くなってしまったため、そのワインを蒸留して

みることに。すると、芳醇な香りや味わいをもつ酒にかわった…

これが、ブランデーの始まりだと言われています。

 

語源については、

ノルウェー語でbrandeviin「焼いたワイン」の意)と呼ばれていたものが、

オランダ語の brandewijn([brɑndəwɛin] ブランダウェイン)となり、これが英語 で 

brandy-wine になり、いつしか wine が取れ brandyとなって広まったものだそうです。

 

ちなみに、お酒をあまり飲まない方にとっては、ウイスキーもブランデーも

同じだと思うかも知れませんが、大きな違いがあります。

 

それはウイスキーとブランデーどちらも蒸留酒ですが、原料が違うのです。

ウイスキーは大麦などの穀物、ブランデーはぶどうなどの果実が原料となります。

 

蒸溜されたばかりのブランデーの原酒は無色透明で、アルコール度数は70度近くも

あります。この原酒を、オーク材で作られた樽のなかで長期間熟成させることで、

まろやかで美しい琥珀色になり、アルコール度数も40~50度ほどに調整します。

 

ブランデーグラスの形状からもわかるように、ブランデーは「香りを楽しむお酒」と

いわれています。

たまには、ゆっくりとブランデーの香りを楽しみながら、優雅な時間を

過ごしたいものですね?

 

私など最近の晩酌は、焼酎のお湯割り梅干し入りですもんねー(笑)

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward