三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年03月16日
ブログ

「遠江」の由来

遠江(とおとうみ)の由来

遠江(とおとうみ)の由来は、シンプルでした

その昔、このあたりは「遠江国」と呼ばれていたそうです。

現在では、静岡県の西部地方を指します。遠州とも呼びますね。

 

この「遠江」という言い方ですが、由来を調べてみますと「近江」と対なんです。

この遠江ですが、古くは「遠淡海(とほつあはうみ)」と表記されていました。

 

「遠淡海」とは都(当時の奈良)から見て遠くにある淡水湖という意味であり、

近江国の「近淡海(ちかつあはうみ)」の琵琶湖と対比されました。

 

(この「遠淡海」に関しては、一般的に浜名湖を指すとされますが、

国府のあった磐田郡の磐田湖(大之浦)を指すとする説もあるそうです。)

 

つまり、都から近いほうの海が「近江」遠いほうの海で「遠江」という意味なんですね。

 

ちなみに明治維新を迎え、廃藩置県が行われると、近江国は大津県と長浜県になって、

さらに大津県が滋賀県に、長浜県が犬上県にそれぞれ改称され、さらにさらに

両県が合併して滋賀県となります。



遠江国のほうは浜松県となって、さらに静岡県(旧駿河国)や足柄県の一部

(旧伊豆国)と合併していまの静岡県になります。

 

ついでに「遠江」という名字の人も調べてみました。

読みは、「とおとうみ」「とおのえ」「とおえ」「とうえ」「とうのえ」「とおとみ」

などの呼び方だそうです。

 

やはり、静岡県、長野県、群馬県に多いようですよ。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward