三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年01月26日
ブログ

世界最古の靴は?

世界最古の靴は?

世界最古の革靴は?

最古の革靴は、ローファーだった?

これまでに発見された世界最古の靴は1938年に米国オレゴン州のフォートロック

洞窟にあったもので、紀元前7000年頃にヨモギの樹皮で作られたサンダルだと

されています。

 

中国や日本の弥生時代の遺跡からは、下駄の原型とも言われる「田下駄」が発見されて

います。

 

サンダルや下駄は「靴」という定義からはちょっと違うのではという方は、

2010年6月に「世界最古の革靴」の発見がありました。

 

トルコ、イランの北、グルジアの南、カスピ海と黒海の間にあるアルメニアという国の

洞窟から発見された革靴が、放射性炭素年代測定法による分析の結果、

紀元前3500年前のものと分かり、現在のところ、「世界最古」なのだとか。

 

この洞窟で発掘されたモカシンタイプの革靴は、5500年前のもので、エジプトの

ギザのピラミッドの建造時期より1000年も古いそうです。



靴は、ヒツジのふんの地層の下から発見されました。洞窟内は乾燥した状態が保たれ、

ふんで保護されていたこともあり、ほぼ完全な状態で残っていたといいます。



見つかったのは片方だけで、1枚の牛革で足の形に沿うよう作られており、

ローファーに似ています。

サイズは約24.5センチで、男性用か女性用かは不明。

 

製作技術や形状は、欧州各地で発掘された後の年代の靴と極めて類似しており、

「このタイプの靴は数千年にわたって、多様な環境の広範囲の地域で履かれてきたの

だろう」と学者は言っているそうです。


 
なお、靴の中には草が敷き詰められていましたが、保温のためか、シューキーパーの

ように靴の形を保持するためのものかは不明だといいます。

 

写真をご覧になりたい方はこちら(ナショナルジオグラフィックニュース)

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2779/

 

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward