三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年01月20日
ブログ

いい匂い? 香水好き

香水の起源

香水の思い出

香水の起源は?

今日は、香水のお話です。

意外に思われるかも知れませんが、私は結構な香水好きなんです。

高校生の頃からいい匂いが好きでオーデコロンなどをつけてました。

 

あの頃は、タクティクスとかですかね? つけすぎて、よく嫌がられましたが、、(笑)

お金がない貧乏な時でも、匂いを欠かしたことがないくらいです。(汗)

 

さてその香水にまつわる最初の記録は、紀元前2000年のエジプトに遡ります。


ミイラの埋蔵時には、必ず香料が使われ、香水は神々の汗と信じられていました。

また、この頃、神への供物として、薫り高い樹脂を祭壇で燃やしていました。


Perfumeという言葉はラテン語のPerと、煙を意味するfummunに由来しているのだ

そうですよ。

 

「香水はあらゆる種類の贅沢品の中でもっとも不必要なものだ……。材料となる素材は

あっという間にその香りを失い、使われるそばから息絶えてしまう」。紀元1世紀に、

ローマの博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥスはそう記しました。

 

確かにそう言えるかも知れません。しかし、、

「香りは短命かもしれませんが、その記憶は変わらず残り続けるものなのです。」

 

私が香水好きになったのは、たぶん亡くなった祖母の影響です。

3~4歳の頃から、祖母のもとへ遊びに行くと、真っ先に黄みどり色のビンを

取り出してきて、それを私の頭へ毎回振りかけます。

 

そして私を抱きかかえ、ほっぺをくっつけて言うのです。

「あー、いい匂い!」って。

 

私は、祖母が大好きでしたから、それが至福の時だったのでしょう。

その怪しげな黄緑色のビン(たぶんヘアートニック?)とその香りは今でも

祖母との「幸せの香り」として鮮明に覚えています。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward