三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年06月13日
ブログ

なぜ「梅雨」と言うのか?

なぜ梅雨というようになったのでしょうか?

「梅雨」(つゆ)の語源は?

由来は、中国から?

今週、東海地方も、梅雨入りが発表されましたね?

そこで今日のテーマは、なぜ「梅雨」という字を使うのか調べてみました。

 

そもそもなぜ「梅雨」には「梅」という漢字を使っているのでしょうか?

梅が咲く季節はとっくに過ぎ去ってしまっています。

 

「梅雨」に「梅」の漢字が使われた由来は、中国にあるといわれています。

中国の揚子江周辺では梅の実が熟す頃が雨期にあたり、そのことから「梅」の字を

使うようになったとされている説。

 

黴(カビ)の生えやすい時期の雨という意味で「黴雨(ばいう)」と中国で

呼ばれていたものが日本に入ってきて黴(カビ)の雨では、語感が悪いため、

同じ読みの梅をあてて「梅雨」と呼ぶようになったという説です。

 

では、なぜ「梅雨(ばいう)」ではなく「つゆ」と言うようになったのでしょうか?

これも、諸説あって語源ははっきりしませんが、調べてみると江戸時代あたりから

「梅雨(つゆ)」を使うようになったようです。



まずひとつめが、「露(つゆ)」から派生した「梅雨(つゆ)」という説です。

6月~7月にかけては雨がたくさん降ります。すると木々に露がつくことから

「梅雨(つゆ)」というようになった、という説があります。



ふたつめは、熟した梅の実が潰れることから「潰ゆ(つゆ)」という説です。

梅の実の成長には雨の存在が欠かせません。6月の初旬はまだ実が硬くても、

下旬には収穫を終えることがほとんどです。

 

そのため、熟して潰れる時期でもあることから「潰ゆ(つゆ)」が「梅雨(つゆ)」に

なったという説があります。

 

どちらにしても、ジメジメとずっと雨が降り続くのは、気分も憂鬱になりますね?

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward