三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年05月16日
ブログ

「いっかげつ」の正しい書き方は?

1か月・1カ月・1ケ月・1箇月・1ヶ月・1ヵ月どれが正しいのか?

「いっかげつ」文字の由来は?

今日は、息抜きに「話のネタ」から「いっかげつ」の正しい書き方について

いくつかのサイトで調べてみました。

 

1か月・1カ月・1ケ月・1箇月・1ヶ月・1ヵ月というように、考えてみれば

いろいろな表現がありますが、みなさまは普段どのように書いていますか?

 

私などは、あまり気にして使っていませんでしたが、、。(笑)

 

由来から調べてみますと「いっかげつ」を漢字で書くと「一箇月」と書きます。

この「箇」という文字が略されて、竹かんむりの「ヶ」っぽいものが、

1つだけ取られたという説と、「箇」の異体字である「个」を崩して

「ヶ」になったという説が有力だそうです。

 

「个」は、現代中国語でも「個」や「箇」の代わりとしてよく使われているようです。

つまり、「ヶ」は「ケ」の小文字ではなく、「箇」や「个」から派生した「記号」と

いうことになるのだとか。

 

それに伴って、「ケ」の読み方と同じ「カ」という表記も出来上がったということです。

では、いったいどれが正しい表記なのでしょうか?

 

結論としては、「どれも間違いではない」といくつかのサイトでも同じことを

言っています。

 

そこで、もう一歩踏み込んで、公文書や公用文ではどういう表記がなされているのか

調べてみました。

 

公文書では、数字で表す場合は、「1か月」

漢字で表す場合は、「一箇月」と表記されるのだそうです。

 

教科書では「1か月」放送や出版業界でも「1か月」が多く使われていますが、

新聞では、「ヵ月」表記を使っています。

 

あえて、正しい使い方としての結論を言えば、やはり公文書や公用文に則って

「か月」か「箇月」と表記するのが正解となるようです。

 

履歴書やビジネス文書には、これらを使用するほうが無難だと言えます。

どれも間違いでないとはいえ「1ヶ月」と書いてみたり「3カ月」と書いたりと

「一貫性」のない書き方だけは避けたほうが良さそうです。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward