三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年04月21日
ブログ

おちゃのこさいさいの由来は?

おちゃのこさいさいという言葉の由来は?

「お茶の子さいさい」って?

世の中暗いニュースが多いですが、私も同じようなことを言っていたら

自分も暗くなってしまいますので、「またまたどうでも良いような言葉の由来」に

ついて書いてみます。

 

最近は、あまり聞かなくなったように思いますが、私が小さい頃は

「そんなのおちゃのこさいさいだよ」なんてよく言ってましたねー。

 

そもそもの意味は、「とても簡単なこと」「容易にできること」という意味ですが、

この言葉はどこから来たのでしょうか?

 

まず「おちゃのこ」とは「お茶の子」というお茶とともに出される茶菓子のことです。

お茶には菓子を添えるのが一般的ですので、これを「お茶の子」と呼ぶのです。

簡単に食べられるお菓子を選ぶため、簡単にできるという喩えになったという説。

 

もう一つは、朝食の前に食べる「茶粥」のことを「お茶の子」という地方があり

そこから「朝飯前」という意味の語源になったという説もあります。

 

「さいさい」は、俗謡の「のんこさいさい」という歌詞をもじったものだと

言われています。

これは、民謡や童謡などにも使われる「よいよい」や「おいおい」といった

囃し言葉と同じような意味だそうです。

 

つまり、「おちゃのこさいさい」とは、「簡単に食べられる茶菓子のような

ものだよ、よいよい」といった感じでしょうか?

 

現在のコロナ不況も、「こんなのお茶の子さいさいで乗り切ってやるよ!」と

行きたいところですが、、。(笑)

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward