三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年07月26日
ブログ

将来、人口が激変する自治体

2045年推計人口は、2015年比で大幅に減少する!

30年間で人口が半減する自治体続出!人口が増加する自治体も!

東洋経済オンラインによりますと、2045年の日本の人口は1億600万人程度と

なり、人口が30年で2000万人以上減少すると予想されています。

 

特に2015年と比べると、30年で人口が半減する自治体が、49市もある

とのこと。

地方での人口減少は歯止めがかからず、2045年に推計人口が1万人を

下回る市が23市あります。

 

上位に位置する市をあげると(2015年と2045年を比べて)

1位 北海道 歌志内市 77.3%減少 3,585人 → 813人予測

2位 北海道 夕張市  74.5%減少 8,843人 → 2,253人予測

3位 高知県 室戸市  66.1%減少 13,524人 → 4,579人予測

4位 北海道 赤平市  65.6%減少 11,105人 → 3,819人予測

5位 北海道 三笠市  64.6%減少 9,076人 → 3,213人予測

 

減少率がすごいことになっていますね?(70%減以上?)

人口予測は、統計予測データの中ではそんなに大きな誤差が出ないデータであると

聞いたことがありますが、それでも信じがたい数字です。

 

ついでに加えますと、上位50位の中で静岡県内では、2市ありました。

29位 下田市 53%減少 22,916人 → 10,767人

38位 伊豆市 51.6%減少 31,317人 → 15,149人

となっています。

 

上位500の自治体の中に浜松市は、含まれてないから安心とも言えません。

浜松市のホームページから2045年の人口予測を調べますと2015年比で

 

浜松市 16.6%減少 796,490人 → 664,406人

 

将来的に山間部などではインフラ整備や行政サービス、移動手段などが行き届か

なくなる恐れが指摘されています。

生活のためには、否応なくみんな中心部へ集まって生活せざるを得なくなるかも

知れませんね。

 

ちょっと驚いたのは、2045年、いまから約25年後に人口が逆に増えている

という自治体が、500自治体の中に4つあるんです。

 

東京都 中央区 34.9%増加 141,183人 → 190,496人予測

東京都 港区  34.4%増加 243,283人 → 326,876人予測

東京都 千代田区32.8%増加  58,406人 →  77,589人予測

愛知県 長久手市22.7%増加  57,598人 →  70,660人予測

 

中央区などはこれから選手村跡地を分譲マンションとして販売することが

予定されていますし、加えて港区、千代田区と共に都心回帰の動きが出てくるという

ことが予測されているのだと思われます。

 

4番目の長久手市は、名古屋市と豊田市に隣接しており、大企業が集積する地域への

人口集中が予想されているとのこと。

 

しかし、今後10年から20年間で人口もそうですけど、AIなどの開発による

仕事減もあるでしょう?

激動の20年間になりそうですが、日本人の知恵と連帯を信じたいものです。

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward