三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2022年01月20日
不動産コラム

本当に住みやすい街大賞2022 多摩境

多摩境がなぜ3位に入ったのか?

人気急上昇の理由は?

今年最初の不動産ブログは、住みやすい街の条件について調べてみました。

昨年の12月7日、住宅ローン専門金融機関「ARUHI」が主催する「本当に住みやすい街

大賞 2022(関東)」が発表されました。

 

「本当に住みやすい街大賞2022」

1位:辻堂(JR東海道線)

2位:川口(JR京浜東北線)

3位:多摩境(京王相模原線)

4位:大泉学園(西武池袋線)

5位:海浜幕張(JR京葉線)

 

という結果でしたが、今年最も注目を集めたのは、昨年3位から大賞に輝いた

「辻堂」よりも、昨年までベスト10にも入ってなかった「多摩境」がいきなり

3位になったことでした。

 

そこで、今後の住宅選びのヒントになるかも知れない「多摩境」の人気の秘密を

調べてみました。

 

多摩境は、東京都町田市にある京王相模原線の「多摩境駅」周辺です。

まず主催の「ARUHI」の評価を抜粋してみます。

 

”商業施設と緑豊かなエリアが調和、リニア新駅で更なる発展が期待される

郊外型ニュータウン


評価のポイント

・東京ドーム約38個分の広さで実施された土地区画整理事業により商業施設や公園が

計画的に整備されたエリア、駅周辺は町田市による「多摩境駅前地区地区計画」で

緑豊かな住宅街が広がり落ち着いた環境が整っている


・「コストコホールセール多摩境倉庫店」「MrMax町田多摩境ショッピングセンター」

といった大型商業施設が駅から車で約5分と普段の買い物に便利、近隣の「小山内裏公

園」・「三ツ目山公園」などの大型公園や、丹沢・奥多摩・相模湖へ遠出したりと

休日の過ごし方に選択肢が多いことも魅力


・戸建て、マンションともに価格が抑えられており、中古マンションであれば隣駅の

南大沢駅より2割程度安く、橋本駅と比べると半値近くなのでコストパフォーマンスは

高い、物件数が少ない傾向にあるが、広々とした家を持つには適したエリア


・町田市では小中一貫した英語教育が受けられる「えいごのまちだ」事業を実施し

楽しみながら英語を学べる環境が整う、子ども向け地域貢献の取り組みとして、

地元プロサッカーチーム「FC町田ゼルビア」がサッカースクールや絵本の

読み聞かせを実施”

 

この「ARUHI」の評価以外には、、、

・京王線を利用すると新宿駅や渋谷駅など主要な駅まで約40分というアクセスの良さ

 (しかも始発駅から2番目の駅ということで座って通勤できる)

 

・隣駅には三井アウトレットパーク多摩南大沢もあり、買い物がしやすい

 (2022年には、新たな大型ショッピングスクエアも開業予定)

 

・少し歩けば森があり、自然の中で子供を遊ばせることができる

 

・天然の温泉施設「多摩境天然温泉 森乃彩」も2020年10月にオープンした

 

そして、何と言っても2027年に隣の橋本駅付近でリニア中央新幹線の駅開業が

計画されていることも、ランキング急上昇のポイントだそうです。

 

交通アクセスが良い、買い物や温泉施設があり便利、自然の森や公園が徒歩圏にあり

子供の教育環境も整っている、街全体が新しい、しかし不動産購入価格や家賃が

安い。

 

そしてリニア新駅による将来的な不動産資産価値の上昇も見込めるとなれば

確かに人気が急上昇しますよねー?

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward