三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年10月28日
不動産コラム

建物構造の種類について

S造、RC造、SRC造って、なに?

住んでいるマンションの構造を知っていますか?

今回は、建物構造の種類についてご紹介します。

マンション探しをしていると、S造、RC造、SRC造などと書かれているのを目にしたこと

があると思いますが、その違いは理解されているでしょうか?

 

これは、

   ●S造(Steel)…… 鉄骨造
   ●RC造(Reinforced Concrete)…… 鉄筋コンクリート造
   ●SRC造(Steel Reinforced Concrete)…… 鉄筋鉄骨コンクリート造

となります。

 

もう少し具体的に言いますと、

S造・鉄骨造とは、柱や梁など骨組に鉄骨を使用した構造のことです。

木造の柱がそのまま鉄になったものをイメージするとわかりやすいと思います。



S造の中に重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2種類があります。


鋼材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨構造」、6mm未満のものを「軽量鉄骨造」と

呼び、「重量鉄骨造」は主にビルや高層マンションなど大規模建築物をつくる際に使われ

「軽量鉄骨造」は一般住宅や小規模店舗などで用いられるケースが多いです。

 

RC造、鉄筋コンクリート造とは、主に柱や梁、床・壁が鉄筋とコンクリートで構成

されていて、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものを指します。

Reinforced Concrete は直訳すると「補強されたコンクリート」という意味になり

ます。

 

防音性も高く、耐火・耐久性・耐震性に優れています。

ある程度の高さのあるマンションの多くは、RC造です。

 

SRC造、鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを

打ち込んで施工します。

 

あらゆる構造の中で最も耐震性、耐火性に優れるのはSRC造です。

S造の「熱に弱い」や「錆びやすい」という短所をコンクリートで包むことで克服し、

揺れに対する弱さを鉄筋・鉄骨でカバーしています。


強度や耐震性の面でもRC造と比べて優れています。そのため、10階建以上の高層また

超高層マンションなどの建築に多く採用されています。


その分、値段も高くなりますが、、。(笑)

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward