三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年09月02日
不動産コラム

令和3年度 土地白書から その2

令和3年度 土地白書から一部をご紹介します。

土地は有利な資産か? 国民の意識調査

前回に続き、令和3年版土地白書から興味がありそうな箇所を抜粋してご紹介します。

 

日本の土地利用の概況

”令和元年における我が国の国土面積は約3,780万haであり、このうち森林が約2,503万

haと最も多く、次いで農地が約440万haとなっており、これらで全国土面積の約8割を

占めています。

 

このほか、住宅地、工業用地等の宅地は約197万ha、道路は約141万ha、水面・

河川・水路が約135万ha、原野等が約35万haとなっています”

 

空き家率

”総務省「住宅・土地統計調査」によると、平成30年の空き家は、平成25年と比べ、

約29万戸増加し約849万戸となっている。

 

また、総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%で、平成25年から

0.1ポイント上昇している”

 

国民の土地・不動産に関する意識

”令和2年度の意識調査によると、「土地は預貯金や株式などに比べて有利な資産か」

という質問に対し、「そう思う」と回答した者の割合は21.5%、「そう思わない」と

回答した者の割合は27.3%、「どちらともいえない」と答えた者の割合が31.2%と

なった。

 

過去の意識調査結果では、平成21年度意識調査から令和元年度意識調査まで

「そうは思わない」の割合が「そう思う」の割合を上回る結果が続いており、

今回意識調査でも「そうは思わない」の割合が「そう思う」の割合を上回った。”

 

「そう思う」と回答した者にその理由を聞いたところ、「土地は生活や生産に有用だ

(役に立つ)」と回答した者の割合が34.2%と最も高く、「土地はいくら使っても

減りもしなければ、古くもならない、なくならない(物理的に滅失しない)」と

回答した者の割合は、32.2%となった。

 

「そう思わない」と回答した者にその理由を聞いたところ、「土地は預貯金などに

比べて、維持管理にかかるコスト負担が大きいから」が42.3%と最も高く、以下、

「不動産である土地は株式などと比べて流動性が低く、運用方法が限定的であるから」

が19.2%、「地価は自然災害や周辺開発等の影響を受けると、下落するリスクが大きい

から」が16.7%、「地価上昇による短期的な値上がり益が期待できないから」が

13.6%の順となった.。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward