三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年09月13日
不動産コラム

夫婦の住まいと生活レポート

リクルート調査 夫婦の住まいと生活じっくりレポート 2021から見えてくるのは?

大家さん必見! リアルな住まい探しの条件とは?

SUMOでお馴染みのリクルートが、2021年2月22~24日に、関東地方1都6県(茨城県

栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)在住の20代・30代の既婚男女

対象としてインターネット調査を実施しました。

 

首都圏の既婚男女を対象としていますが、浜松でも十分に大家さんの参考になると

思います。

では、見てみましょう。

 

部屋探しで重視した条件は?

夫婦の部屋探しで最も重視したのは「家賃」。これは、当然と言えば当然ですね。

交通アクセスの利便性に関する項目が上位を占めていますが、車で動くことが

多い地方ではあまり参考にならないかも知れません。



そんななか、「間取り」が3位にランクイン。

シングル男女の調査では「間取り」が48.5%のところ、夫婦では56.3%。

 

また「日当たり」も、一人暮らしでは32.0%のところ、夫婦では43.9%と大きくアップ

夫婦で暮らすとなると、一人暮らしよりも家での快適性を重視するようになると

いえそうです。

 

部屋を契約するときの決め手となった設備・仕様は?

断トツ1位なのが、「バス・トイレ別」48.1%

次いで「LDKの広さ」37.1%

「2階以上」34%、「日当たりの良さ」33.3%、「部屋の内観の良さ」31.1%

となっています。

 

「部屋の内観の良さ」が割と高いのが、ちょっと意外でした。

センスの良い部屋というのが、決め手となって来ているとも言えますね?

 

現在使っていて便利に感じている仕様・住宅設備は?

こちらも「バス・トイレ別」が1位です。

以下、エアコン、TVモニター付きインターホン、追い焚き機能、独立洗面台と

続きます。

 

今やこのあたりの仕様は、当たり前になりつつあります。

大家さんも、リフォームをするにあたっては、これらを参考にされたら良いと思います。

 

参考文献 リクルート「夫婦の住まいと生活 じっくりレポート2021」

https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_data/huuhu2021/

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward