三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年06月30日
ブログ

食べ合わせの悪い食べ物は?

中毒性のある悪い食べ合わせ

意外な食べ合わせ

これって危ない取り合わせ?

今回は、昔からよく言われている食べ合わせの悪いものを調べてみました。

調べてみて一番わかりやすかった「社会人の教科書」さんのホームページの記事から

抜粋してご紹介することにします。

 

まず「中毒性のある悪い食べ合わせ」

アルコール + 銀杏

銀杏の食べ過ぎは中毒(銀杏中毒)を引き起こす危険があり、ひどい場合には呼吸困難

などの症状に至ります。

特にアルコールを大量に摂取するような人にはそうしたおそれが強いことから、

アルコールと銀杏の食べ合わせは要注意となっています。

 

たこ + わらび

わらびには「チアミナーゼ」という酵素が含まれますが、あく抜きせずに大量に

食べると、これにより「わらび中毒」を引き起こす危険があります。

またたこの吸盤にも寄生虫が多いことから、加熱していないたことわらびの組み合わせ

要注意となっています。

 

グレープフルーツ + 焼酎

グレープフルーツは肝臓の解毒作用を低下させる働きを持っており、焼酎などと一緒に

摂取すると、アルコールの血中濃度を急激に上昇させて急性アルコール中毒を

引き起こすおそれがあります。

これに炭酸が加わるとさらに危険性が増すため、お酒の弱い人などは要注意です。

 

たこ+わらびは、あまり食べないかも知れませんが、他の2つの組み合わせは

「えっ」って感じですよね?

グレープフルーツハイなんて、よくありませんか?

(早く酔いたい時には、いいのか?(笑))

 

更に、「えっ?!」って思った取り合わせは、

ビール + フライドポテト

ビールなどのアルコールは主に肝臓で分解されますが、その過程で脂肪の合成を進める

酵素を発生させます。

つまり、アルコールと同時にフライドポテトなど高脂肪の食べ物を摂ると、

体内の中性脂肪を増やす結果となるそうですよ。(だから太るんでしょうか?)

 

ラーメン + ライスも、どちらも炭水化物のため、脂肪が蓄積してしまうとか、、。

こちらのホームページでは、69種類もの取り合わせの悪い食べ物を紹介して

くれていますので、ご興味のある方はどうぞ↓

https://business-textbooks.com/bad-food-combination/

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward