三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年06月01日
ブログ

ジューンブライドの由来は?

6月に結婚すると幸せになれるという由来は?

日本でジューンブライドが人気になった理由は?

今日から6月ですが、6月といえば有名な「ジューンブライド」という言葉が

あります。

 

今回は、そのジューンブライドの由来について調べてみました。

ほとんどのサイトでは、6月に結婚すると幸せになれるという説を3つ挙げています。

 

1.女神ユノから来たという説

ローマ神話の主神・ユピテルの妻である女神ユノは結婚や出産、育児の象徴とされて

おり、女性や子供、家庭の守護神とも言われています。

 

そのユノが守っている月が6月です。

6月は英語でJune、ユノはアルファベットでJunoと書きます。

このことからも、ユノが6月の英語名ジューンの由来になっているという説は

かなり有力といえます。

 

2.6月から結婚が解禁になったから

かつてヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は農作業が大変忙しくなる時期でした。

そのため、3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁止されていたそうです。

 

結婚が解禁される月が6月であったため、結婚を待ちわびていた多くのカップルが

結婚式を挙げたことをジューンブライドの由来とする説です。

 

3.季節的に最適だから

日本は梅雨の時期ですが、欧州は6月が1年で最も雨が少なく、天気が良い日が

多いからという説です。

気持ちの良い季節であるため、新婚旅行に出かけるのにも適していると言われています。

 

こうして見てみますと、欧州での風習が日本に持ち込まれたということですね?

ジューンブライドが日本で普及され始めたのは50年ほど前からだそうです。

それまで6月は梅雨のイメージが強く、結婚式が少なかったんだとか。



そこに目をつけたホテル業界が、海外のジューンブライド文化を元に、

戦略として「6月の花嫁さんは幸せになれる」という言い伝えを日本に広め、

そこからジューンブライドが人気になったのだとか、、。

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward