三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2019年12月20日
ブログ

日本初の世界地図出版 浜松

多色刷りの世界地図を日本で初めて出版したのは?

日本最初の医学書の出版は?

浜松の日本初を紹介します!

世界地図を日本で初めて出版、発行したのは浜松の一貫堂さんだそうです。

明治11年(1878年)のことで、木版5色刷り、16頁の仕様と

なっていたそうです。

 

原版はアメリカで出版されたもので、山の高さなども含めて極めて正確な

ものだったといいます。

翻訳したのは、関川美建といい、浜松測候所の観測係もしていたことも

ある人で、気象や地理に明るい人物だったといわれています。

 

また、明治の医学生のバイブルと呼ばれ、日本最初の医学書(翻訳本)の

「七科約説」(しちかやくせつ)は、浜松医学校により明治11年に上巻、

翌年に下巻が発刊された。

 

ちなみに、浜松で最初に本屋さんを始めたのは、現在の谷島屋書店の

前身である「博文舎」で明治元年に現在の紺屋町に開いたそうです。

当時は、浜松唯一の書籍専門店だったそうです。

 

また、機会があれば浜松の日本初をご紹介していきたいと思います。

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって32年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「まじめに、一生懸命やること」がモットーです。 収益物件をお持ちの方や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward