三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2021年02月10日
ブログ

醍醐味って、どんな味?

「醍醐味」の語源は?

ゴダイゴとの関係は?

「醍醐」の意味とは?

「醍醐味」という言葉があります。

この言葉の意味は、物事の本当の面白さ・深い味わい・神髄などです。

 

ここで不思議なのは、なぜ「味」という字がつくのかということです。

それを調べてみますと、「醍醐」というのは、もともと仏教用語で牛や羊の乳を

精製した液汁なんだそうです。

 

仏教では牛や山羊のミルクを精製する過程を5段階に定めていました。

それを「五味」と言います。

五味とは乳(にゅう)から酪(らく)、生蘇(しょうそ)、熟蘇(じゅくそ)へ変化し、

そして醍醐(だいご)になります。

 

つまり、「醍醐」で最上の味を持つ乳製品になるというわけです。

現在のヨーグルトやレアチーズ、バターなどの濃厚な味わいの食品だったそうです。

一説ではさらに煮詰めて乾燥させた、ハード系チーズのようなものとも考えられて

います。

 

当時は、ごく限られた高貴な人たちの食べ物だったようです。

そこから、最高の何物にも代え難いという意味の「醍醐味」という言葉が

生まれたということです。

 

そういえば、昔「ゴダイゴ」というグループがあったなぁと、、。

ひょっとして「醍醐味」から名前を取ったのかも知れないと思い、ついでに

調べてみました。(笑)

 

ウィキペディアによりますと、グループ名は、

”リーダーのミッキー吉野は自分の姓「吉野」から吉野朝廷→後醍醐天皇と連想でき、

子供のころから好きだったからと語っている。

英語表記では“GODIEGO”となる。

 

「DAI」ではなく「DIE」という表記を思い付いたのはスティーブ・フォックスである。

「生きて、死んで、また生きる」つまり不死鳥、復権した後醍醐天皇、七転び八起き、

あるいは輪廻転生がイメージできることからミッキー吉野も同意したという。

また「GOD」「I」「EGO」と分けると、「神」「自分」「エゴ」という意味にもなる”

 

やっぱり、「醍醐味」からではありませんでしたが、これはこれでゴダイゴにも

深い意味があったことがわかりました!

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward