三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年07月23日
不動産コラム

コロナで変わる住まい選び!! その1

住宅購入・建築検討者の調査結果から見えてくるものは?

住まい選びに表れる変化とは?

コロナでどう変わった?住まい選び

今回はリクルート住まいカンパニーが、今年5月17日~21日にかけて、首都圏に住む

「住宅購入・住宅建築」検討者にアンケート調査した結果からご紹介します。

 

1.コロナ拡大の住まい探しへの影響

  影響はない                         34%

  検討を休止・いったん様子見にした              24%

  モデルルーム、住宅展示場など実物物件を見に行くことをやめた 23%

  住まい探しの後押しになった                 16%

  住まい探し始めのきっかけになった              15%

  住まいにかけてもよい金額が減った              14%

 

思っていたよりも、みなさんコロナの影響で住まいを買わなくなったという割合は

少ないように思います。

逆に、コロナによって、住まい探しの後押しやきっかけになったと答える人が、

多いことも正直意外でした。

 

   コロナ拡大によって、住まい探しへの影響は、

   抑制された      36%

   促進された      22%

   影響はない      42%

 

2.検討種別の変更

  当初マンションを検討していたが、一戸建てに変わった     50%

  当初一戸建てを検討していたが、マンションに変わった     31%

 

  当初新築を検討していたが、中古に変わった          34%

  当初中古を検討していたが、新築に変わった          30%

 

  当初賃貸を検討していたが、物件購入に変わった        27%

  当初物件購入を検討していたが、賃貸に変わった        17%

 

ここで注目したいのは、当初マンションを検討していた人が一戸建てに変わったと

いう割合が50%と非常に高いことです。

マンションでは、仕事スペースが十分に取れないことや災害によるマンション被害が

報道されたあったことも影響しているようです。

 

3.住み替えの検討のきっかけ

  結婚          16%

  自身・配偶者の転勤   13%

  第一子出生       13%

  賃貸物件の更新・値上げ  9%

  在宅勤務になった     8%

  子供の小学校入学     8%

 

大体、住み替えの理由としては、以前と大差はないのですが、

ここで、今までに住み替え理由になかった「在宅勤務になった」 が出て来ました。

今後は、このような理由が増えてくるかも知れません。

 

まだ、興味深いリクルートさんの調査結果はあるのですが、長くなってしまいました

ので、続きはまた次回の不動産ブログでやります。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward