三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年04月15日
ブログ

佐鳴湖の歴史について

佐鳴湖の歴史

実は珍しい湖 佐鳴湖

浜松市にある佐鳴湖。

私の学生時代は、佐鳴湖1周といってよく走らされました。

 

今回は、その佐鳴湖の成り立ちについて調べてみました。

佐鳴湖は、約2000年前の縄文時代後期あたりから、浜名湖とともに海から

徐々に切り離されて出来上がった自然湖です。

 

昔は「猿投の浦(さなげのうら)」「佐奈池(さなのいけ)」「佐鳴ヶ浦」

「入野池」などとも呼ばれていたそうです。

 

淡水化していきましたが、新川によって浜名湖とつながっているため、

1498年の明応地震や暴風雨によって、浜名湖が汽水化したのに伴い

満潮時にわずかだけ海水が流入してくるようになり、淡水で生息する魚の

ほかに、汽水の魚も見られる珍しい湖になりました。

 

1900年頃には約50人くらいの漁師がいて、主にウナギの漁を行って

いたそうで、1950年ころには200人以上がこの湖で漁業を営んでいました。

 

広さ 約1.2k㎡(東京ドーム26個分)

平均深さ 約2m

最大深さ 約2.5m

 

佐鳴湖の水質については、長くなりそうですので、また別の機会にします。

個人的には、娘がまだ幼稚園児くらいのころ2人でボートに乗って遊んだのが

一番の思い出ですね。

 

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward