三方不動産株式会社
09:00~18:00
土・日曜日
2020年03月23日
不動産コラム

令和2年 公示地価発表

全国・静岡県・浜松市の公示地価動向について

浜松市の動向は?

先週18日に公示地価が、発表されました。

これは、毎年3月に国土交通省が、1月1日時点における標準地の正常な価格を

公表するものです。

 

もう少し詳しく言いますと、一般の土地の取引価格に対しての指標になったり、

公共用地の取得価格の算定に使われたり、不動産鑑定士が土地について鑑定評価を

行う場合の規準となったりします。

 

全国平均を見てみますと、全用途平均は5年連続、住宅地は3年連続、商業地は

5年連続で、いずれも上昇しています。

ただ上昇といっても、去年と比べて0.2%から0.3%の上昇ですので

ほぼ横ばいと言っていいと思います。

 

住宅地で大きく上昇しているのは、東京都と福岡、宮城県、沖縄県ですね。

 

静岡県内では、商業地と工業地の平均変動率が、0.1%上昇しました。

これでも12年ぶりの上昇です。

 

一方、住宅地では0.7%の下落で、これは12年連続です。

 

浜松市を見てみますと、住宅地で目立った上昇をしている地点は、中区では

中央1丁目の4.6%、山手町3.1%、広沢2丁目2.8%、蜆塚2丁目2.3%

幸2丁目2.0%と2%以上の上昇をしているのは、高級住宅地だけですね?

 

東区の住宅地では、最高で中田町の1.7%の上昇が最高で、他はほぼ横ばい。

西区では、雄踏1丁目が3.6%、大平台4丁目1.7%上昇していますが、

馬郡町の4.5%下落など、全体的に下落している地点の方が多くなっています。

 

南区では、すべての地点で下落です。

北区も、やはり横ばいか下落傾向が見られます。

浜北区も同じくほぼ横ばいか下落で、染地台や中瀬の人気も落ち着いてきた感じです。

 

こうしてみますと、二極化傾向が徐々に浜松でも顕著になって来ているようです。

また、実際にこの調査は、去年の秋頃からやっているものですので、

新型コロナウイルスの影響は、一切反映されていません。

 

現在、日本や世界を席巻している新型コロナウイルスの影響が、

今後の土地価格にどのような影響を与えてくるのか、戦々恐々と見守っています。

 

この記事を書いた人
澤木 規行 サワキ ノリユキ
澤木 規行
三方不動産㈱の澤木です。 社長一人の小さな不動産会社ですが、不動産業に携わって33年間の経験と知識を生かして、皆様のお役に立てるように頑張ります。 「三方不動産に依頼して良かった!」と思ってもらえる仕事を積み重ねて行きます。 不動産の売却や土地活用でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください! また、不動産を購入しようかどうか迷っている方、 ポータルサイトや他社サイトでも気になる物件がございましたら、お気軽に ご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
必須
必須
相談したい事
arrow_upward